公式アカウント
@TruffleBakery

NEWS

2020年5月1日
TruffleBAKERY
軽井沢「Karuizawa」が
OPEN致しました。

News一覧はコチラ

Concept

90%
毎日食べるパンだから
「美味しい素材と、少しの豊かさを」
普段ほとんど関わる事がない専門食材をもっと身近に感じてほしい。専門食材が毎日の食のシーンで気兼ねなく味わえたら幸せじゃないかい!毎日何気なく食卓にあがるパンにトリュフが入っていたらもう奇跡です!美味しい物をより美味しく知らなかった食材がより身近に感じられたらムチャクチャ幸せなんです!そして美味しいパンを作る焼くだけではなく持続可能性のある本質的な食材を徹底的に選び、大切なお子様に安心して召し上がって頂けるよう限りなく化学調味料は使わず物造りを行って参ります。さらにトリュフは大人だけというイメージがありますが、実はトリュフベーカリーは高速で学習し成長していくお子様にセンスと感度のある大人に育って欲しいという片隅にある思いを店舗コーポレートロゴとは別にイラストにしております。※当店ではコンパウンドバター及びマーガリンなど人工的に造られる食材は一切使用せず100%バターを使用しパン作りをおこなっております。

Information

<本店>
東京都江東区門前仲町1-15-2 1F
電話:03-5875-8435
平日9:00AM-19:00PM
土日祝8:00-18:00PM
※只今(本店)毎週月曜日を
臨時休暇とさせて頂いております。
<三軒茶屋>
東京都世田谷区太子堂2-24-5 1F
電話:03-6805-3223
平日9:00AM-21:00PM
土日祝9:00-21:00PM
※6月1日より工事を行っており、
7月中旬にリニュアルオープン致します。
<広尾>
東京都港区南麻布5-15-16
電話:03-6277-4894
平日9:00AM-21:00PM
土日祝9:00-20:00PM
※定休日はインスタにて
随時更新致します。

NewRelease

90%
生の全粒粉食パン
特定のメーカーの製粉や銘柄名ではなく、西海岸のベーカリーが、 比較的近い距離に点在する小規模製粉所に挽いてもらった地場の小麦を使うという 文化の呼び方を「フレッシュミルズ」「マイクロミルズ」と言う。その呼び方を日本語で直訳すると生の全粒粉、このこだわりの全粒粉をサンフランシスコから直輸入し食パン造りを致しました。そのパンは3倍香るすご食パンに生食は勿論ですが厚切りトーストが最もおススメで一口でその香りに驚かれるでしょう。
生バター100%クロワッサン
クロワッサンのリニューアルは2017年12月の本店開店以来3度目のリニューアルとなります。今回のリニューアルでは表面のザクッと感の変更と 生地の「ひき」を更に強くするべく変更を致しております。想像しているクロワッサン造りに向け都度微調整は行っておりましたがこの度ベースとなる生地変更と折り方を変えて新登場致しました。

Recommend

‐白トリュフの塩パン‐
TruffleBAKERY

このパンを開発する上で最も大切にした点は、白トリュフに負けないパン作りへです。小麦粉選び、勿論良い小麦を使用すれば美味しいパンになる!という発想ではありません。良い小麦を選定し、パンが出来るまでの工程全て80点以上出しながら組み立てていくイメージです。この工程の積み上げがあってこそ美味しい小麦粉が最大限いきてくるわけです。ただ高級食材を使うだけでなく、本質的なパン作りへの飽くなき探求心から生まれた逸品です。
白トリュフの塩パンはカナダ産の一等粉を使用する。パンにはマーガリン、コンパウンドを一切使用せず100%フレッシュバターのみで製造しております。また、パンの中には自家製トリュフバターを巻き込み、仕上げにトリュフオイルに白トリュフと塩を、表面はカリッと白トリュフが香り、中はバターと心地よい香りに引きのある弾力のあるパンとして焼き上げております。
Presented by Chef NAOKO

‐黒トリュフのたまごサンド‐
TruffleBAKERY

ヨーロッパでトリュフと最も相性の良い食材としてあげられる卵!そして日本人にとって大変馴染みのある「たまごサンド」、馴染みのないトリュフと馴染みのある「たまごサンド」を黒トリュフたまごサンドへリバイバル。またこのサンドイッチの為だけに毎日焼き上げる専用の角食パンでフィリングを挟みご提供させて頂きます。
Presented by Chef NAOKO

Mission Vision

エンターテイメントを徹底的に追求し、嘗てないプロダクト作りを目指す。その上で探究心を持ち、皆様にとっての潤いの場所、選ばれる場所を目指して参ります。