食材と物作りに関する考え方

STAFF :  admin
食材と物作りに対する考え方
専門性の非常に高い食材を既に数十年以上取扱う立ち位置として、良いと知られる食材をただ使用する事がこだわりです!と、言われると若干ッピンと来ない。私達トリュフベーカリーもまだまだですが、珍しい食材だったり、専門的な食材を使い『こだわってます!』と言われるパンが非常に多いと思ってきた事は、このトリュフベーカリーを始める前から疑問に思っていた事であり、ベーカリー立ち上げの切っ掛けの一つでもあります。良い食材があれば良い物が出来ると誤解されている環境が多くなれば多くなるほど自分自身も含め楽しめる場所が無くなってしまう。良いと言われる食材を掘り下げると、その食材には様々な思いと考えと製法についての理由を持った生産者さんがいたりするんです。生産者の話を聞くとすぐに好きになってしまうのも理解は出来ますが実際は若干疑問も残ります。これをもって物造りを続けてしまうと、良い物を使ったから美味しいだろうという誤解だけで物造りを行ってしまうと思っているんです。どの様に食材を、どの様な製法で使用するか、どの量を、どの食材と足算するか、その中で何を選択するのか、何故選んだのか、そういった過程こそが私達が考える私達なりの食材と物作りに対する考え方であり『こだわり』です。

enjoy