代表挨拶

STAFF :  admin

食を通して新しい価値を創造し
豊かな生活に貢献する
初めまして、株式会社ドレステーブルの丸岡と申します。生まれは北陸金沢になります。本家は創業昭和3年の乳製品卸、小さな頃から倉庫が遊び場で、当たり前のように食材に囲まれ育ちました。おやつはカマンベールとバターです。もう35年前にもなりますが、自分が小学校に入り、そして5人兄弟の末っ子だった父親は本家を飛び出し東京でフランス食材卸の会社を立ち上げました。僕の中学校の時の夏休みの思いでは、全国のリゾートホテルへオマールやフランスの家禽類、キャビア、トリュフなどの高級食材と言われる食材の梱包作業と、延々とつづくフォアグラの真空作業。デリケートなフォアグラを常温に少し長く置くだけで鬼のように怒られた想い出しかありません。※あの時は辛かった。プールへ行ったり海に遊びに行った記憶がほとんどありません。更に高校を卒業すると当たり前のように父の会社の手伝いに、※高卒です。 倉庫の仕事に数年、フレンチ関連の卸の営業に5年位携わり、その後、鬼の兄が海外から戻った事もあり、父親の会社だけではなく外も見たいと4年間、イタリアのチーズ輸入商社で仕事を学び、30歳の時に会社を設立致しました。私(43歳)の歴史の中で、食品は切っても切れない存在であり、この年になるまで一時も欠かさず食品に囲まれきた人生だなと、これからまだまだ続く食材の仕事ではありますが、これまで最も大切にしてきた、最も良い状態(中学の時に父親に教わった)の食材を毎日欠かさず送り続ける事、これに加え、いまは世代を超えてお客様の人生に寄り添える会社を目指しております。その為には、食を通して新しい価値を創造し、豊かな生活に貢献出来る事が、課題であり、現在の目標でもあります。引続き、食材と真面目に付き合っていこうと思っております。その明確な理由は食材が好きだからです。

株式会社ドレステーブル 代表取締役社長 丸岡武司